調和のとれた心身の発達と宗教的な情操教育が、

伸び伸びとした子供たちの未来をつくります。

マリア様

幼稚園のこの時期、こどもたちは社会性を身に付け、人格形成の基礎を築く大切な時期を迎えます。その大切な時期にわたしたちがしてあげられること、すべきことは何なのか。服部みどり幼稚園は、英才教育や小学校入学のための準備教育だけが正しいとは考えません。大人の脳のほとんどが6歳までにつくられるといわれるこの時期に、人間学の知識に裏づけられた科学的教育と、キリストの教えに基づいた人格教育こそが、こどもたちの健やかな未来をつると信じています。「幼き日にあなたの創造主(神さま)をおぼえよ」という聖書の御言葉に従い、幼児期より神を愛し、人を愛する心を育てたい。心とからだの成長をバランスよく育む環境づくり、教育機関としての基本理念を忘れず、一人一人が、小さなものにも慈しみあふれる人に育ってほしいと願っています。